人気スタジオ8社の最新キャンペーン一覧 >>

LAVAのキャンペーンを途中解約すると違約金はいくら?2つの回避方法も大公開!

この記事ではわかること
  • LAVAのキャンペーンを途中解約した時の違約金について
  • 違約金を最大限回避する方法
ヨガ初心者こまち
LAVAのキャンペーンを途中で解約したらどうなるのー?高額な違約金が発生しないか心配で…
LAVA会員アヤ
キャンペーンの適用条件の1つに「最低継続期間」があって、一定の期間通い続けなければならないの。

途中で解約するってことは、その規約に違反したことになるから罰則を受けないといけなくなるわ。

ヨガ初心者こまち
えっ!?怖い…

LAVA会員アヤ
罰則といっても、高額な違約金の請求されたりしないから安心して。

むしろ、ほぼノーリスクで解約できるようになってるの。

ヨガ初心者こまち
良かったー!でも、こっちがルールを破って解約するのにリスクが無いって、逆に怖い気もするけど…
LAVA会員アヤ
そうだよね。じゃあ今日はキャンペーンを途中解約した時の違約金とその回避方法を詳しく解説するわね。

LAVAは永久会員制のため、退会という考え方はありません。そのため、記事中は解約で文言を統一します。

また、コロナ休業期間中の免除特別措置は行われておらず、通常通りの解約金(上限25,000円)の支払いとなります。

思うところはあると思いますが、5月6日以降も休業や短縮営業が続く可能性もありますので、決断はお早めにどうぞ。

違約金の損失を回避・軽減する方法を確認する

LAVAのキャンペーンを途中解約したら違約金がかかる!

まず、途中解約時に一番気になるポイントが「違約金」ですよね。

先に答えをいうと、キャンペーン中の解約には違約金が伴います。

当然、契約のルールを破ったわけですから、何もお咎めなし…とはいきません。

その時々のキャンペーンの内容や解約のタイミングによって金額の大小はあれど、違約金を支払わなければならないのです。

ヨガ初心者こまち
さっきリスクが無いっていったのに!嘘つき!
LAVA会員アヤ
まぁまぁ焦らないで。次にちゃんと理由を説明するから

そもそもLAVAのキャンペーンとは

具体的な違約金の話に入る前に、少しLAVAのキャンペーンについて振り返ってみましょう。

LAVAで最も定番なキャンペーンは「3ヶ月通い放題」の大型キャンペーンですね。

これは体験当日に入会すると、最初の3ヶ月間3100円~3800円で通い放題できるキャンペーンで、適用条件の1つに以下の最低継続期間が取り決められています。

特別価格終了後、5~9ヶ月間の継続が必要

この継続期間中に解約すると違約金が発生してしまうわけです。

おそらく、このキャンペーン中に入会した方がほとんどだと思いますので、今回はこのキャンペーンをベースに違約金の話をしていきます。

【2020年10月最安値】LAVAのキャンペーンが丸わかり!一番安い入会方法の条件とは

キャンペーンごとの違約金パターンと損失額

これまでの大型キャンペーンを精査すると、違約金の内容は以下の2パターンあることがわかります。

  1. 月謝代の差額を支払う(~2019年9月)
  2. 一律金額の違約金を支払う(2019年9月~)

上記2パターンがあって、今年の9月以前のキャンペーン中に入会した方は②、それ以降に入会した方は②のパターンをチェックしてみてください。

パターン①:通常料金の差額を支払う(旧)

過去のキャンペーンのほとんどは、こちらのパターンに当てはまります。

このパターンでは、キャンペーンの特別価格と通常価格の差額を支払わなければなりません。それ以外に支払いが発生することはありません。

計算式
 通常価格 – 特別価格 = 差額(違約金)

キャンペーンが適用されなくなるわけですから、当然支払わなければならないお金といえます。

これを違約金と呼ぶかどうか置いといて、このパターンはこれだけ支払えばOKです。

契約プランごとに違約金額を計算すると以下のようになります。

ここでは特別価格3100円、最も料金が高い店舗に登録したケースを想定します。

マンスリーメンバー・4で契約した場合

通常価格:10,800円×3 = 32,400円
特別価格:3,100×3 = 9,300円
差額(違約金):23,100円

マンスリーメンバー・ライトで契約した場合

通常価格:15,800円×3 = 47,400円
特別価格:3,100×3 = 9,300円
差額(違約金):38,100円

マンスリーメンバー・フリーで契約した場合

通常価格:16,800円×3 = 50,400円
特別価格:3,100×3 = 9,300円
差額(違約金):41,100円

なお、最初の3ヶ月間の月謝代は一括で支払うため、1~2ヶ月目に解約しても3ヶ月分の差額を支払わなければなりません。

ヨガ初心者こまち
最大4万円かぁ。高いなぁ…
LAVA会員アヤ
金額だけみるとそう感じるわよね。でも忘れちゃいけないのは、通常金額に戻るだけってこと。

その上、入会金・登録金(10,000円)は支払う必要がないから、実は途中退会しても通常入会するよりもお得なの。

パターン②:一律金額の違約金を支払う(新)

最近の主流がこちらのパターン。2019年以降のキャンペーンで入会した場合はこのパターンにあたります。

先ほどは通常料金との差額分を支払うため金額が変動しましたが、このパターンでは解約のタイミングや契約したコースに関わらず、上限25,000円を支払わなければなりません。

計算式
違約金 = 上限25,000円

なお、入会金・登録金(10,000円)は含まれていないため、通常入会より損失額が安く済みます。

ここでは特別価格3800円、最も料金が高い店舗に登録したケースを想定します。

マンスリーメンバー・4で契約した場合

①通常価格:10,800円×3 = 32,400円
②特別価格:3,800×3 = 11,400円
③割引額(①-②):32,400円 – 11,400円 = 21,000円
④違約金:25,000円
⑤差額(③-④):-4,000円
⑥入会金・登録金:10,000円
⑦合計(⑥+⑤):6,000円

通常入会に比べて6000円お得になります。

マンスリーメンバー・ライトで契約した場合

①通常価格:15,800円×3 = 47,400円
②特別価格:3,800×3 = 11,400円
③割引額(①-②):32,400円 – 11,400円 = 36,000円
④違約金:25,000円
⑤差額(③-④):11,000円
⑥入会金・登録金:10,000円
⑦合計(⑥+⑤):21,000円

通常入会に比べて21,000円お得になります。

マンスリーメンバー・フリーで契約した場合

①通常価格:15,800円×3 = 50,400円
②特別価格:3,800×3 = 11,400円
③割引額(①-②):32,400円 – 11,400円 = 39,000
④違約金:25,000円
⑤差額(③-④):14,000円
⑥入会金・登録金:10,000円
⑦合計(⑥+⑤):24,000円

通常入会に比べて24,000円お得になります。

上記計算より、途中解約しても通常入会よりも6,000円~24,000円安いとわかります。

ヨガ初心者こまち
一律って聞いたから損しそうな気がしたけど…最大2万円以上もお得
LAVA会員アヤ
月謝代の差額を支払わなくていい分安いのね。

ただし、1~2ヶ月目に解約しても最初の3ヶ月間の月謝代は戻ってこないため、少しでも通い続ける気があれば3ヶ月目までは続けた方がいいでしょう。

解約理由によって違約金は免除される?妊娠は?

体調不良や転勤など、続けたくても続けられないケースもあると思います。

「やむを得ない事情なんだから違約金を免除して欲しい!」

と思いますよね。

ですが、残念ながらどんな事情であれど違約金は発生します。たとえその理由が妊娠であっても例外はありません。

LAVA会員アヤ
こればかりは規約だからどうしようもないわね…

そのため、もう通えないとわかっているのであれば、次に説明する違約金対策を踏まえて、大人しく解約手続きを進めましょう。

違約金の損失を回避・軽減する方法

ヨガ初心者こまち
途中解約しても通常入会よりもお得ということがわかったけど、できるだけ損失額を減らしたいよ・・
LAVA会員アヤ
それなら次の2つの方法のいずれかで対策するといいわよ。
  1. マンスリー4に切り替える
  2. 3ヶ月目に解約した上で、他のスタジオに乗り換える

1つ目が解約せず(違約金を払わず)に損失を減らす方法で、2つ目は解約して損失を減らす方法になります。

マンスリーメンバー・4に切り替える

LAVAのキャンペーンでは4ヶ月目からコース変更が可能です。

そこでおすすめなのが、4ヶ月目からマンスリーメンバー・4のプランに切り替え、9ヶ月経過したタイミングで解約する方法です。

最初の3ヶ月間は特別価格で通い放題を満喫し、4ヶ月目~12ヶ月目までは月4回ペースで継続します。

この方法であれば、キャンペーンも適用されたまま違約金も支払わずに済むので、割安にLAVAのレッスンを受けられることになります。

この方法がおすすめな人
  • 4ヶ月目以降も月4回ペースで通い続けられる
  • LAVAのレッスン自体は好き
  • 入会して1~3ヶ月以内

3ヶ月目に解約する

損失額をできる限り減らしたい場合は、違約金を支払ってでも解約した方がいいでしょう。

ただし、ここでの注意点としては、1、2ヶ月目に解約したとしても最初の3ヶ月間の月謝代は戻ってこない点です。

損失額が変わらないのであれば、3ヶ月末日までギリギリに通った上で解約した方がお得ですよね。

さらに言うと、ギリギリに通った上で他のホットヨガスタジオのキャンペーンで違約金を相殺できたらベストです。

LAVA会員アヤ
スタジオによっては乗り換えキャンペーンを実施しているところもあるらしいわね。
この方法がおすすめな人
  • できるだけ損したくない
  • LAVAのレッスン・インストラクターが合わない
  • 入会して1~3ヶ月以内

関連記事:LAVAと人気スタジオ5社の違いが丸わかり!

ホットヨガ 比較,ホットヨガ lava以外

【完全比較】LAVA以外のホットヨガスタジオおすすめ5選【2020年最新】

さいごに

ヨガ初心者こまち
キャンペーン中に解約すると損しちゃうと思ってたけど、全然そんなことないんだね!

最初に言ってたノーリスクで解約できるって意味がわかった!!

LAVA会員アヤ
それなら良かったわ。仮にキャンペーン中に継続しようか迷う時がきたら、「LAVAのレッスンは好き?」と自分に問いかけるといいかもね。

そして、少しでも好きだと思ったらマンスリー・4への変更を検討してもいいし、どうしても合わないと感じてるなら解約もやむを得ないわ。

もし解約後もホットヨガを続ける気があるなら乗り換え先の下調べも忘れずにね。

lava 解約

LAVAを解約する方法と4つの注意点!気持ち良くスムーズに辞めるには?

ホットヨガスタジオおすすめBEST3(LAVAは殿堂入り)

ホットヨガスタジオCALDO

ホットヨガのカルド
総合評価★★★★★
地域全国(100店舗~)
コスパ
レッスン強度Easy~Normal
スタジオ規模大人数制
男性利用一部店舗可

業界最安価格帯&予約不要!いつでも気軽にレッスンが受けられる

『CALDO』は人気急上昇中のコスパNo1ホットヨガスタジオ。

他社に比べて月会費がとにかく安く、同じ地域でカルドよりも安いスタジオは存在しません。

それにもかかわらず、業界トップクラスのスタジオ設備が整っており、アンケート調査でユーザー満足度No1に輝いた実績もあります。

現に他社からカルドに乗り換える人が続出しているほど。リーズナブルに通いたい人におすすめです。


ホットヨガスタジオloIve

ホットヨガ loIve(ロイブ
総合評価★★★★☆
地域全国(60店舗~)
コスパ
レッスン強度Easy~Normal
スタジオ規模中人数制
男性利用全店不可

趣向を凝らしたプログラムが大人気!どこよりも女性ファーストなヨガスタジオ

『loIve』は口コミで話題を集めている完全女性専用ホットヨガスタジオです。

「わたしを好きになる」をコンセプトに女性目線のこだわり抜いたスタジオ設計になっており、清潔でスタイリッシュなスタジオと定評。

プログラムも女性のあらゆる悩みに寄り添って作られており、ピンポイントで体の悩みを解決したい方におすすめです。

各店舗で手ぶら体験0円キャンペーンが頻繁に実施されていますので、ぜひ気軽に参加してみてはいかがでしょうか。


zen place(ゼンプレイス)

ヨガプラス
総合評価★★★☆☆
地域関東・関西(20店舗~)
コスパ
レッスン強度Normal~Hard
スタジオ規模少人数制
男性利用全店可

様々な環境でヨガを楽しめる本格派スタジオ

ホットヨガ含めて様々な種類のヨガを体験してみたいならzen place(旧ヨガプラス)がおすすめです。

ここでは3種類のスタジオ環境(常温・ゆるホット・ホットヨガ)が用意されているうえ、プライベートレッスンも受けられます。

さらにインストラクターの質が高くて少人数制でサポート体制も万全。初心者はもちろんのこと、経験者もより真剣にヨガと向き合えます。

zen placeなら自分に最適なヨガと環境に巡り会えることでしょう。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: